アプリのデータ通信用におすすめのVPSは?

なんのためにWEBサービスを作り世に送り出すのか?
毎日のように残業し、終電に乗り遅れ、会社で夜を明かす。
そんな生活をもう3年続けている。
女房子供は1年前に出ていった。
まだ離婚届は出していない。

まるで世に出始めたクラウドサーバのような人生だ。
便利で使い勝手が良いが、その一方で料金が高くコスト高。

もし自由にWEBサービスのサーバを選んでいいのであれば、格安VPSであるditやカゴヤ、saasesを選ぶだろう。
間違ってもクラウドサーバは選ばない。

仮想化され複製が容易な可用性の高いクラウドよりも、ピーキーだが扱うコストが低いVPSを選ぶ。

一風変わった思考に共感する珍しい人物に出会った。
彼は名古屋の某金融会社でマネージャーとして頭角を現した男だ。
転職前はサーバ専門のシステムエンジニアをやっていたそうで、少し知識は古いが相当量の知識と経験をもっている。

新宿のバーで出会った彼は少し酔っているのか、自分の身の上話を熱心にしてきた。
そして彼がシステムエンジニアとして新人だった頃の話をしだす・・。

私のプログラムの勉強方法は、とにかくサンプルを読み、それを把握する為に自己流でも良いから
そのサンプルコードを様々な形で修正してみて、実際に稼働させ、各ライブラリや関数等の動きを感覚的に
把握する事に尽きると思います。

また、各言語によって正直難解な箇所等が色々あるとも思いますが、作成するべきプログラムの最終的な目的を達成するのに
本当に必要な場合はともかく、他の手段で代用出来るのであれば、あえて良く判らない関数やライブラリ等を使わないで
作成するのも1つの方法だとおもいます。

後は、そうしてなんとなくで良いのでプログラムの感覚が掴めて来たら、次は自分が実現したい事を
その言語で作成して見る事だと思います。

因みにその場合でも、あえてゼロから無理して作ろうとせずに、様々な場所から得られる色々なサンプルコードを参考に、
もしくはそれらを組み合わせて作成して行く事も理解を深める手法の1つだと思います。

最後になってしまいましたが、私は現在50代前半で今はビル管理の仕事をしていますが、以前はUNIX関係でC言語を使って様々なソフトの開発をしていました。
そして、最近話題のスマホOSのアンドロイドに興味を持ったので、Javaを再勉強し、既に簡単ではありますが幾つかのアプリを
GooglePlayで公開出来る様になりました。

現在は本業が忙しくて中断していますが、出来るだけ早い内にアプリ作成を再開して行きたいと思っています。

——————–
彼は金融業界で働きながらもシステムエンジニアとしての心は残しているようだ。
今まさにアプリを自作しており、データ通信用のVPSも借りようとしているのだという。
彼は私に「おすすめのVPSは無いか?」と尋ねてきた。
私はこう答えた。
「ググれ」

vps おすすめ